血糖値を下げるには、生活習慣の見直しが効果的

バナー

血糖値を下げるには、生活習慣の見直しが効果的

血糖値は、糖質を含む食事を摂取した後に上昇し、インスリンの分泌や運動によって下降します。

食事や運動など生活習慣と深く関わっているため、バランスの良い食生活と適度な運動を心掛けることが大切です。炭水化物や糖質は、ほとんどが血糖値を上昇させる原因となるブドウ糖からなります。

これらを食事として摂取した場合、体内ではインスリンが分泌され、血液中の糖分をエネルギーとして利用したり、細胞の増殖等に有効活用することで、血糖値を下げる働きがあります。
しかし、糖分の処理が追いつかないほど過剰に摂取したり、インスリンの働きが弱っている場合は、血液中の糖分が異常に高い状態となってしまいます。
このため、炭水化物や糖質の量を控えた食事を心掛けるだけでも、食後の上昇を抑えることができます。



また、食物繊維は糖分の摂取を抑制する働きがあるため、食事の際には食物繊維の多い野菜などを積極的に摂ることでも、良い効果を得ることが可能です。適度な運動も、血糖値を下げる効果があります。

goo ニュースに関する情報です。

筋力を要する運動は、エネルギーとして糖分が必要となるため、食後に軽い筋力トレーニングをするだけで、糖分の吸収を抑えることができます。



筋力トレーニングの後に、ウォーキングやストレッチなどの有酸素運動をセットすると、脂肪を燃やすことになり、更に高い効果を得ることができます。

このように、血糖値を下げるにはインスリンの分泌に頼ることなく、生活習慣を見直すことが重要となります。