血糖値を下げるために有効なこととは

バナー

血糖値を下げるために有効なこととは

血糖値とは、血液中の糖分濃度のことです。

食事から摂取した炭水化物は体の中でブドウ糖に変換され、ブドウ糖は血液中に溶け込んで全身の細胞や筋肉に届いてエネルギー源として活躍します。この際、ブドウ糖の量を調整しているのが膵臓から分泌されるインスリンと言うホルモンです。

All Aboutはこちらのサイトで情報公開中です。

ですが膵臓に異常が発してインスリン分泌量が低下したり、インスリンの効き目が薄くなってしまうと、血糖値が高くなり体に対して様々な支障が発生するようになります。


ですからインスリンの力に頼り切らず、血糖値を下げるような努力をすることも必要です。

では、そのためにはどんなことが有効なのかと言うと、まずは運動です。

ただしハードな運動を行う必要はなく、また食事直後の運動は体に負担をかけるため避ける必要があります。食後30分から1時間くらい経過してから行うのが望ましく、軽い有酸素運動を1日あたり30分程度、行うと良いです。



それによって血中の糖分がエネルギーとしては使用されるため、血糖値を下げることに効果を期待することができます。

それから食事の摂り方に工夫をすることです。


炭水化物や糖分の量に気をつけるのは勿論のことですが、そうした食事を食べる前には必ず、野菜や汁物から食べることが望ましいです。

それにより、急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。


急激に上昇しなければそれを下げる必要性も低くなるので、これは重要なことです。

血糖値を下げるならお任せください。

特に炭水化物の吸収を阻害する作用を持った食物繊維は、とても効果的な栄養です。

酢やオリーブオイルも効果的です。